北きりしま田舎物語
北きりしまの魅力・北きりしま田舎物語の想い・訪日教育旅行者の受け入れ 2市1町〈小林市・えびの市・高原町〉の 広域で農家民泊に取り組んでいます。
農業を学ぼう!!楽しもう!! 農業を学ぼう!!楽しもう!!
食を学ぼう! 食を学ぼう!
田舎の暮らしを感じよう! 1泊2日プラン 日帰りプラン
北きりしま田舎物語推進協議会が行っていること 北きりしま田舎物語推進協議会が行っていること

修学旅行受入について

■ 修学旅行受入のながれ

修学旅行受入のながれ
北きりしま田舎物語の民泊は、家業体験です。
生徒さんと受入農家との過ごす時間を大切に、心のこもった交流を第一にしています。

安全管理対策

協議会では、事故防止のための厳守事項を下記のとおり定め告知します。

○宮崎県の指導の下、受入農家は旅館業法に基づく「簡易宿泊所営業」の許可を取得し、食品衛生講習・普通救命講習などの各種講習を受講し、安全管理に関する知識と技能の向上に努めています。

○当協議会のインストラクター養成講座をはじめ、定期的に開催する各種研修の受講を通して体験型観光・グリーンツーリズムの基礎知識の習得や受入農家のレベルアップを図っています。

○動物や食物アレルギー、持病などのある方の体調管理、特別支援学級やさまざまな障害のある方への配慮など、特別な対応を必要とする場合にもご要望に対応できるよう事前に協議させていただきます。

○食事に関しては共同調理を行いますが、食中毒防止のため、予防四原則の厳守と食品衛生講習会の受講を徹底しています。また、加熱調理したものを中心とし、鶏の刺身など生ものの提供は避けるよう統一しています。

○体験を行う場所・機材について、体験実施前の現場実践による危険場所・箇所の十分な確認にて把握を行っており、さらに関係者間の情報管理を徹底します。また、体験者には、活動の際の危険箇所や農機具などを扱う場合の危険性・注意点などを十分認識していただいたうえで活動を行っていただきます。受入農家がそばに付いて目を離さずに体験をさせます。常に目配り、気配りを徹底し対応いたします。

○安全管理や緊急時対応の連絡体制を整備し、全受入農家に周知徹底を行っています。また、緊急時に備え、常に携帯電話の持参と緊急時連絡先を把握するよう指導しています。

○自家用車での送迎時などの移動の際は安全運転を徹底しています。また、万が一の場合に備えて、すべての受入農家の自動車保険加入内容を事務局が一括して把握しています。

【協力要望事項】

農家民泊では、体験活動をするにあたり『農家民泊ヒアリングシート』に記入していただきます。
※動物や食物アレルギー、持病など必要な情報の事前連絡をお願いします。

農家民泊は、お客様扱いではなく、家族の一員として迎えておりますので、食事の準備片付け、布団の上げ下げも一緒にしていただきます。

【加入保険内容】

協議会では、体験活動における事故に備えて、安全管理には徹底した対策と指導をしておりますが、万が一の事故が発生した場合に備え下記の種類の保険に加入しております。

加入保険内容

緊急時対応

事故や怪我、発病などに限らず、いかなる緊急の事態が発生した場合も、まずは現場対応者である受入農家より協議会事務局へ連絡を行います。その後、協議会事務局より本部待機の旅行会社添乗員へ直ちにその状況を報告し、下図の体制による迅速・的確な対応を基本としています。

緊急時対応
私たちは、 みなさまに逢える日をたのしみにお待ちしております 交通アクセス